Monocle Scannerの使い方

センサーのキャリブレーション方法

 正しいスキャン結果を得るためには、機器を正しく調整すること(キャリブレーション)が必要です。キャリブレーションを始めるために「Structure Sensor Calibrator」アプリをiPadにインストールし、ストラクチャーセンサをiPadに取り付けておきます。

①: アプリを起動し、”Start Standerd Calibration” ボタンをタップします。

②: “Begin Calibration”ボタンをタップします。

③: “Insufficient Sunlight” と表示されたら、太陽光が十分でないので、太陽光が十分な場所を探します。太陽光がない場合にキャリブレーションする時は、太陽光メーターの下にある “Enable Indoor Mode (Advanced)” ボタンをオンにします。

④: 太陽光または光が十分な場合、太陽光メーターが満タンになります。

⑤: How to Calibrate画面が表示されたら、”Got it” ボタンをタップします。

⑥: カラーと赤外線の分割画面が表示されます。うまくキャリブレーションするためには、コントラストが強い複雑なオブジェクトやシーンを対象にします。画面上にあるScene Qualityのメータが満タンになるまで、何度かiPadを左右に動かします。

⑦: 特徴点が見つけられると、Allmost Done!と表示されるので、そのまま “Skip Tutorial”ボタンをタップし、次に進みます。

⑧: デプス情報(色のついた領域)が背景の映像と少しずれているため、これを指でずらして調整します。この映像ではパソコンの画面を見ると、画面と色のついた領域がずれていることがわかります。

⑨: デプス情報(色のついた領域)が背景の映像のアラインメントとマッチしました。

⑩・⑪: 調整したら、”Save Calibration”ボタンをタップします。

⑫: Calibration Savedと表示されたら、”Back to Welcome Screen”をタップし、Calibration完了です。

グランドスキャン方法

1: 設定をタップし、プロスキャン処理機能の “グランドスキャンで地面をスキャンする” をオンにします。※V3 Proの購入が必要です。

露光ロックの仕方

1: 「Monocle Structure Scanner」アプリの設定画面にいきます。

2: 人物をスキャンする前に、その人物の顔を画面上で長押しすると露光をロックすることができます。

スキャンしたモデルの穴をふさぐ方法

1: 設定をタップし、プロスキャン処理機能の “スキャン後に穴をふさぐ” をオンにします。※V3 Proの購入が必要です。